Wi-HOのレンタル時の受け取りや返却はどのようになっているのでしょうか?

まずは受け取りについて説明しますね。

Wi-HOの受け取りには

・宅配
・窓口での受け取り

の2つ方法があります。

宅配で受け取る場合は出発する日の前日に、指定した場所に届くように送ってくれます。
送料は無料となっています。

また、宅配時刻の指定や宅配BOX投函の指定も可能とのことです。
さらに発送後の伝票番号をメールで送ってくれるので配達状況の確認も可能です。


窓口で受け取る場合は各空港にWi-HOの窓口がありますので、そこに訪れて受け取ることになります。
また、受け取り時には、受注確認書と本人確認のためのパスポートが必要になるため忘れないようにしましょう。


次にWi-HOを返却する時ですが、こちらも

・宅配
・窓口への返却

の2つの方法を利用可能です。


宅配で返却する場合は帰国日の翌日までに発送すればOkです。
返却時の送料はこちらで負担する必要があります。


窓口への返却は受け取り同様に窓口へ訪れて返却します。特に必要書類や手続きはないのですぐに返却できます。
また、窓口は最終便まで開いていますので何時の便で帰ってきても返却できます。

さらに空港によっては返却BOXが設置されているところもあり、その場合は返却BOXに入れるだけで返却完了となります。



成田空港での受け取り、返却について


Wi-HOは成田空港からでもレンタルの受取と返却が可能です。

申し込み自体は公式サイトから行う必要がありますが、申し込みが完了すれば成田空港で直接窓口から受取と返却が可能なんです。

成田空港第1ターミナル内にある4つのカウンターから利用することが出来ます。
出発・到着ロビーにそれぞれ窓口が2つずつあり、「QLライナー」と書かれたカウンターを目印に探すと良いそうです。

また、成田空港第2ターミナルでも同様に利用可能です。

これでいちいち自宅に送ってもらわなくても出発前に空港窓口に寄って受取、帰ってきたら空港でそのまま返却すればいいので手間が省けて便利ですよね。

第1、第2ターミナルのどちらも最終便まで窓口を空けていますので、帰ってきたついでに返却することが可能なんです。


ただ注意点として、成田空港カウンターでWi-HOルーターを受け取る際は、受注確認書と本人確認のためにパスポートをスタッフに提示する必要がありますので、必要書類は忘れないようにして下さいね。
また、出国ゲートを越えてからの受け渡しはできないそうなので、この点もご注意ください。

これは羽田や関空など他の空港でも同様です。



受け取り、返却対応空港の一覧


最後にWi-HOレンタルの受け取り、返却に対応している空港の一覧を載せておきます。


羽田国際線(3F)出発ロビーANA手荷物宅配カウンター
羽田国際線(2F)到着ロビーANA手荷物宅配カウンター
成田第1(4F)出発ロビー北QLライナー
成田第1(4F)出発ロビー南QLライナー
成田第1(1F)到着ロビー北QLライナー
成田第1(1F)到着ロビー南QLライナー
成田第2(3F)出発ロビーQLライナー
成田第2(1F)到着ロビーQLライナー
成田第3(本館2F)モバイルセンター成田第3
新千歳国際線(2F)到着ロビーモバイルセンター新千歳空港
関西国際線(4F)出発ロビー関西エアポートバゲージサービス
関西国際線(1F)到着ロビー関西エアポートバゲージサービス
福岡国際線(1F)到着ロビーテレコムスクエアカウンター


羽田空港の窓口は24時間開いていますので、いつでも受け取り、返却が可能です。

その他の空港は24時間ではないものの、返却BOXが用意されていて返却のみ開館時間中ならば可能となっています。


詳しい情報は公式サイトをご確認下さい。


→Wi-Hoの公式サイトはココをクリック!